Rajesh (R.K.) Khosla(経営学修士)

最高執行責任者

Rajesh (R.K.) Khosla氏は、Black Beret Life Sciences、LLCの最高執行責任者です。

つい最近まで、Laguna Pharmaceuticals(旧ChanRx Corp.)のCEOで、心房細動/心房粗動の治療の多チャンネル薬を開発し、第2b相試験を成功裏に通過させ、第3相試験のために3000万ドルを調達しました。同時に、BioEnterprise Corp.の CEO-in-Residenceを務め、企業がオハイオ州北東部の経済に利益をもたらすために成長を加速するのを助けました。以前、Khosla氏は、PeriTec Biosciences Ltd.の最高経営責任者を務めました。この会社は、クリーブランド診療所基金から独立した医療機器会社でした。4年間で、この会社は、動物研究から第1次ヒト(First-in-Man)研究での20人、第2次(Second-in-Man)研究では10人の患者を完了するまでの進捗を見せました。

Khosla氏は、 財務、起業家精神およびベンチャーキャピタルに幅広い背景を持っています。業績の中には、クリーブランド、パロアルト、シンガポール及び台北に事務所を置くテク・ベンチャーであるCrystal Ventures社においてワイアレス技術に焦点を絞った幹部として過ごした2年間が含まれます。同氏はまた、Borders Groupを1999年3月に離脱したAll Wound Upにおいて最高財務責任者及びバックオフィス業務の責任者を務めました。All Wound Upとは、季節的な玩具の小売の概念であり、1994年から1998年までオハイオ州北部において最も急速な成長を遂げた会社として「Weatherhead 100」という賞を受賞しています。Khosla氏は、National City Corp. (現在の「PNC」) において、企業向けの銀行業務担当として経歴を開始し、その殆どの時間をオフ・バランスシートの手段及びOhio Bancorpの企業取得を含めた企業合併及び買収の分野に集中した商業銀行業務に費やしました。

財務分野における多様な経験及び営業面において果たした役割を基にして、Khosla氏は、2005年から多様なテクノロジー分野にける企業及びベンチャーファンドの顧客に対し、自らのコンサルティング事業において最高責任者レベルのガイダンスを提供してきました。

Khosla氏は、Case Western Reserve Universityにおいて電気工学及び応用物理学を専攻し、極めて優秀な成績を収めて学位を取得するとともに、副専攻科目として経済学を学びました。更に、同氏はエール大学経営大学院から財務会計及び経営会計において抜群の成績を収めて財務専攻のMBA(経営学修士)の学位を取得しました。