Lori Butterfield

マーケティングコミュニケーション担当副社長

Lori氏は、創造的なマーケティング・コミュニケーションの幹部であり、豊富なデジタルプロダクションの専門知識をBBLSでの同氏の役割に展開しています。  印刷とデジタル通信、ブランド開発、グラフィックとWebデザイン、ビデオ制作、コンテンツ開発、ソーシャルメディアマーケティングに重点を置いて、高レベル戦略と実践的アプローチを組み合わせて、BBLSポートフォリオのビジョン、使命、評判を向上させています。

経歴の中で、 Lori氏は、強い意識と優秀さへのコミットメントをもって、企業や業界で働くことに専心してきました。10年以上にわたり、Home Front CommunicationsとPixeldust Studiosの上級レベルの役員として、魅力的なコンテンツを作成し、専門家向けのキャンペーンを行ってきました。  彼女の国内外のクライアントには、MacArthur Foundation、Robert Wood Johnson Foundation、Gates Foundation、World Health Organization、Cleveland HeartLab、TEDMed、WebMD、CuriosityStream.com、United Healthなどが含まれます。

以前は、National Geographic and Discovery Networksに勤務し、150時間以上のテレビ番組やスペシャルを制作、監督していました。その多くのプロジェクトには、ナノメディシンとロボット工学から遺伝学に至るまで、先端科学のトピックがありました。彼女は、また、オーストラリアのシドニーでは、Seven Networkで仕事をし、ニューヨーク市では、American Jounal誌の「King World全国シンジケートマガジンプログラム」を立ち上げる手助けもしました。Lori氏が、テレビでの経歴を開始したのは、アトランタで、CNNとヘッドラインニュースのペースの速いニュース活動でした。

ライター、ディレクター、プロデューサーとして、Lori 氏は、6大陸の50カ国を旅し、魅力的で劇的なテーマを生み出しました。仕事で、ルワンダの熱帯雨林からオーストラリアのアウトバック、アラビア湾からを北極にまで行きました。Lori氏は、数々の賞を受賞しています。それらには、ナショナルエミー賞®、国際野生生物映画祭の保護遺産賞、ゴールデンシネ賞、ヒューストン国際映画祭での2つの金賞、シルバーテレリー賞などがあります。