Ben Chlebina、MBA

BBLS運営管理ディレクター

Black Beret Life Sciences(BBLS)の運用管理担当ディレクターとして、Ben Chlebina氏は、成長を最適化し、価値を最大化するために、BBLS管理およびポートフォリオ会社の運用、戦略計画、財務およびマーケティング活動をサポートしています。さらに、Chlebina氏は、Okyanosイノベーションセンターの設計と建設、BBLSポートフォリオの施設建設などの企業プロジェクトの管理を統括しています。

再生医学と基礎研究から応用分野におよぶ研究に熱心なChlebina氏は、生物医学研究と医薬品開発に焦点を当てたキャリアでBBLSに入社しました。同氏の経験は初期の疾患評価と症状分析から、インビトロおよび前臨床のラボの研究ならびにヒトの臨床試験にまで及びます。Lerner Research InstituteのCleveland Clinicの研究エンジニアとして、Chlebina氏はパーキンソン病の症状の分析と制御に取り組んでいました。NovelMed TherapeuticsやJuventas Therapeuticsといった初期段階薬剤開発会社の研究科学者として働き、細胞ベースの効力アッセイ開発などのモノクローナル抗体および遺伝子治療のためのインビトロ研究および前臨床動物研究に参加しました。また、プロジェクトマネージャーとして、生物製剤の製造、品質および安定性試験、医薬品出荷の調整、臨床試験の在庫管理に携わりました。

Chlebina氏は、Case Western Universityのバイオメディカル工学の学士号、Duke Universityのバイオメディカルエンジニアリングの理学修士号、Carnegie Mellon大学のTepper School of Businessで経営学修士(MBA)を取得しています。